車の買取トラブルは売る側の原因が多い

車の買取はかなり多くのトラブルが発生していて、かなり悩まされてしまう人がどんどんと増えてしまう状態です。買取後の減額をされてしまうケースや、契約後のキャンセル料に関するケースもかなり多いです。これらの買取トラブルなのですが、全てとは言いませんがほとんどが買取側よりも売る側が発生させています。

なぜかというと、買取減額もキャンセル料も契約書にしっかりと書かれているからです。減額ですが、これも契約書に書かれていて何かしらの問題が発覚した場合は減額しますとしています。車の査定は、どう頑張っても短時間では完璧に把握することができないため、買取後念入りに点検をして金額確定をさせています。

そのため大きな故障や修復が発覚するとその分減額をして入金するようにしていて、これにより減額トラブルが起こります。これはお店側の問題と考えてしまうけれども、実は売り手が悪い場合が圧倒的に多いです。事故があったのに内緒にしていたり、故障しているのを知っているのに内緒にしているから起こってしまう減額トラブルです。

キャンセル料も契約書に書かれていてそれに同意をして契約しているため、キャンセル料取られたとしてもこれは仕方がないことです。なので実際はお店側が圧倒的に問題があるのではなく、売る人がかなり多くの問題を発生させているのだと理解して買取してもらう必要があります。

トラブル回避するために大事なこと

車買取のトラブルは、お店側が問題という場合もありますがそれよりも売る私たちに問題があるからこそ発生しています。だからこそ大事になるのが、どのようにするとトラブルにならないよう買取をしてもらえるのかです。ではどうすればよいのかというと、それはまず何事も隠さず話すこと、そして迷いがあるのなら売らないことです。

故障だったり事故歴だったり、隠しているからこそ減額されてしまう可能性がかなり高まってしまいます。なので知っていることは隠さずにすべて話すようにして、減額されてしまう可能性をできるだけ少なくしましょう。そして、迷いなどがあるからこそ契約後のキャンセルをしなければいけない事態に発展してしまいます。

ちょっとでも売るかどうかを迷っているのなら契約しないようにしてください。
新しい自動車の関係でどうしてもキャンセルしなければいけない事態に発展することもあります。
この場合契約する際は、ローン審査が通り確実に売れる状態になってから契約するなど工夫をしてください。

お店側の問題によるトラブルはこれではなかなか回避できませんが、私たちの問題によるトラブルはこれで回避が可能です。
ちょっとしたことでもかなりトラブル回避になりますので、まずトラブルにならないことはしないようにしてください。

新しい車の購入を考えている方・車を売りたいと思っている方へ

一括査定サービスを利用すると値引き・下取りよりも高い金額で引き取ってもらえる可能性があります。
申込も1~5分の作業で完了しますので高額査定をしてくれる会社を調べたい方におすすめ!

 

関連記事

ページ上部へ戻る