車の買い取り業者と下取りの違いとは?

車を買い換える時、今まで乗っていた車を売り、それを資金にして新しい車を買うという人が多いですよね。その時に迷うのが、車を買い取り業者に依頼して買い取ってもらうか、下取りをするかです。似ている業者ではありますが、買い取りと下取りでは少し違います。なにが違い、どんなメリットやデメリットがあるのか説明していきます。

買い取り業者

車の買い取り業者とは、古本屋みたいなものです。中古車を持っていき、査定して買い取り金額を決めます。古本屋のように、車を販売しているお店もあります。しかし、車を売ったからといって必ずしもその店で新しい車を買わなければいけないという事はありません。
車買い取り業者では店頭で車を売る事はもあれば、国内に車を輸出する会社や海外に車を売る会社などがあります。日本車は海外で評判が高く、海外に豊富な販売ルートを確保しているのをウリにしている業者が多いです。

下取り

買い取り業者に比べて、下取りは車の中古屋がやっているシステムです。その店で車を新しく買う代わりに、今乗っている車を買い取ってくれます。車の買い取りは、新しく車を買わなければいけないという条件つきです。その代わり、車買い取り業者よりも高値で買い取ってくれる場合があります。または、新しい車の値段を安くしてくれる場合があります。

買い取り業者のメリット

買い取り業者のメリットは、比較的どんな車の種類でも買い取ってくれるところです。その国や地域によって人気の車は違うため、様々な種類の車を幅広く買い取る必要があります。そのため、値段もつきやすいというのがメリットです。
また、車の買い取り業者はインターネットで一括査定ができます。多数の買い取り業者がいくらで車を買い取ってくれるのか、車の情報を入力すればすぐに結果がでます。そのため、家にいながら車の査定額が分かるのです。下取りだと一件一件の中古車屋を回らないといけないため、面倒ではあります。

買い取り業者と下取りはどっちがおすすめ?

買い取り業者と下取りは、どちらが良いというのは一概には分かりません。中古車屋で本当に欲しい車があった場合、その車が安く買える事を考えれば下取りの方が良いのかもしれません。しかし、販売ルートが多い買い取りの方が値段が高く買い取ってくれる可能性は十分にあります。
どちらが良いのか結論を出すのではなく、下取りも買い取りも値段を出してもらうのが良いです。

新しい車の購入を考えている方・車を売りたいと思っている方へ

一括査定サービスを利用すると値引き・下取りよりも高い金額で引き取ってもらえる可能性があります。
申込も1~5分の作業で完了しますので高額査定をしてくれる会社を調べたい方におすすめ!

 

関連記事

ページ上部へ戻る